読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池上彰のニュースではよくわからない景気の意味

日本の景気の原因はデフレ

デフレとは物価が下がり続ける

物価が下がり続けると買い物をしなくなる

買い物をしないと企業は儲からない

 

商品が安くなるなら、後で買う

 

~こうして物価を上げる(金融政策)~

アベノミクスはお金の量を増やす

お札を刷るのは日本銀行

日銀は民間銀行の国債を買う

 お金を受け取った銀行はお金を貸す

お金を使えば物価は上がる

 

 

 

景気がいいとは、お金の周りがいいということ

 

 アベノミクスにより円安になり、輸出産業が儲かる

トランプは、円安のアベノミクス批判

 

円安にして不公平?

たくさんあるものは値段が安くなる

お金の量を増やせばお金の価値は下がる

円安になれば、ドルの価値は上がる

円安ドル高、輸出で儲かるのは日本

 

 

~ 銀行の業界が、マイナス金利で大変なことに~

金利のこと

金利5%なら、100万円は一年で105万円になる

金利がマイナスになるとお金を預けていると損する

マイナス金利になったのは、日銀に預けるお金

預けていて損するなら日銀にお金を預けない

 

 

 

 

www.tv-asahi.co.jp

ダニエル・ピンク ハイコンセプト

ダニエル・ピンク ハイコンセプト

三つの危機
過剰な豊かさ、アジア(競争相手)、オートメーション

左脳主導型から右脳主導型への転換
 業務を処理することより、人間関係を結ぶこと
 ルーチンワークをこなすより、斬新な課題に取り組むこと
 一つ一つの要素を分析するより、全体像をまとめ上げること

ComplateCase.com
離婚相談サービスセンター
弁護士業務の価格破壊

Lawvantage.com
MyCounsel.com
弁護士費用は一時間約二万円だが、WEBサイトだと約1700円

右脳が主役のハイコンセプト、ハイタッチへ

農業の時代:農夫
工業の時代:工場労働者
情報の時代:ナレッジワーカ
コンセプトの時代:創造する人、他人と共感できる人

今の仕事を続けていいか三つのチェックポイント
他の国なら、これをもっと安くやれるだろうか
コンピュータなら、これをもっとうまく、早くやれるだろうか
自分が提供しているものは、この豊かな時代の中でも需要があるだろうか


ハイコンセプト
 芸術的、感情的な美を創造する能力、パターンやチャンスを見出す能力
 相手を満足させる話ができる能力、
 見たところ関連性のないアイディアを組み合わせて斬新な新しいものを生み出す能力
ハイタッチ
 他人と共感する能力
 人間関係の機微を感じ取れる能力
 自分自身の中に喜びを見出し他人にもその手助けしてやれる能力
 ありふれた日常生活の向こうに目的と意義を追及できる能力

これから求められる「6つの感性(センス)」
機能だけではなく「デザイン」
議論よりは「物語」
個別よりも「全体の調和」
論理ではなく「共感」
まじめだけではなく「遊び心」
モノよりも「生きがい」
こういった6つの感性が求められる


自分史を語る
https://storycorps.org/

ストーリーテリング関連コミュニティ
http://www.storycenter.org/
http://fray.com/issue3/
http://thecitystory.com/
https://iusedtobelieve.com/

ジョセフキャンベル
http://www.jcf.org/works/

http://www.storytellingcenter.net/

これから成功する可能性大
境界を自分で超えていく人
 マルチ
 マルチタスク、マルチメディア、マルチカルチャー
何か発明できる人
巧みな比喩が作れる人


微表情
http://www.paulekman.com/
https://www.ideo.com/jp
http://www.jkp.com/mindreading/


https://psychology-tools.com/empathy-quotient/
http://personality-testing.info/tests/EQSQ.php

http://www.bbc.co.uk/science/humanbody/mind/surveys/smiles/index.shtml


http://si.edu/


http://www.bluelavawireless.com/


笑いヨガ
カタリア医師は、ユーモアは笑いの必須条件ではない
目指しているのは、思考から解放された笑い
笑っているときは、ほかのことを考えられない→笑いヨガの瞑想法の目標
瞑想により精神に喜びがもたらされる
喜び:条件はない
幸せ:条件がある
何かに頼る笑いは、条件付きの笑い
笑いクラブおける笑いは、自分の内から生じる条件がない笑い
小さい子供は、ユーモアを理解しているわけではないが、よく笑う
子供は一日に何百回も笑うが、大人はせいぜい10回程度
グループになって笑いヨガをすることで、大人の条件付き幸福を
子供の無条件の喜びに変えることができる

笑いには有酸素運動と同じ効果
心から一分間笑ったときの心拍数に達するまで家庭にあるボート漕ぎ式の健康器具
でやるとすると10分もかかる

 

30分かけて、90歳になった自分の姿を思い描く
そこから眺めるあなたの人生は、どんなふうに見えるだろうか
あなたは何を達成したのだろう
あなたは何に貢献したのだろう
後悔しているのは何か

20-10テスト
自分の銀行に20億円以上あり、しかもあと10年しか生きられないとしたら、
今やっていることを続けるかどうか、自問しなさい

天才たちの日常―世界を動かすルーティーン― サッカーの王様ペレ


天才たちの日常―世界を動かすルーティーン―
サッカーの王様ペレ

サッカーの王様ペレは
熟したマンゴーで練習をした

あえて困難をかすことで、技術を伸ばした

抜群の身体能力と華麗な個人技の数々で観客を魅了し、彼のプレーを見るためだけに戦争が停戦したという伝説まで残っている。

 

www.tv-tokyo.co.jp

生産性 伊賀泰代

生産性 伊賀泰代


アメリカ
 リーダシップは全員がもつもの、そのスキルは学び訓練することで誰でも身につけられる

マッキンゼーで働く社員は、少しでも生産性を高めようとする強い意志が感じられた

成長する=生産性をあげることである

生産性の定義=得られた成果÷投資した資源=アウトプット÷インプット

革新による成果額の大幅な増加
例:フェイスブック
  「世界中の誰にでも見られるかわからない恐ろしいネットの世界」
  「知り合いだけが見る安全な世界」
  ユーザが嬉々として書き込む
  個人情報収集法の画期的なイノベーション

早期選抜が行われない理由
アベレージパフォーマーのモチベーションを維持するために、トップパフォーマの可能性を犠牲にする為

ストップウオッチをオフィスにも
 ストップウォッチを使って、作業時間を可視化する
 タイマーを使わずに生産性をあげるのは、体重計を使わずにダイエットするようなもの
 効果が測定できなければ、手法の正しさも確認できない


TOIECのスコアがあがれば、転職しやすくなるが、それで仕事が早くなるというわけではない

仕事ができる人は少ないインプットで高い成果の出せる生産性の高い仕事のやり方を考案し、
その仕事がほかの人にも可能になるように言語化し、移植できるひと。
そして自分自身は、どんどん違う仕事にチャレンジしていく人のこと。

生産性を上げるには
 インプルーブメント(改善)で3%の生産性向上
 イノベーション(改革)で3割の生産性向上

マネージャーの仕事とは、トレードオフが存在する状況において判断を下すこと

仕事にとりかかるまえに、アウトプットをイメージする
ゴールがなんであるかを、スタート時点で意識しておく

イシューから始めよ
何が問題なのかという起点の正しい理解が、何より重要
解くべき課題=イシューを取り違えると、正しい解にはならない


(16分39秒)

 

 

走り抜け!ナミブ砂漠250㎞ GREAT RACE

www.nhk.or.jp

 

NHK 走り抜け!ナミブ砂漠250㎞ GREAT RACE

の番組

 

私は精神科医
ストレスを抱えた人と接しているの
一番のストレス解消法は 外に出る事
生活を変えるの
最低一週間 それで十分
患者さんに言うだけじゃなく
自分でもやってみようと思ったの
心が健康になる
人生に必要なものよ
周りを見て
こんな景色 ヨーロッパでは見られないわ
気楽に進むわ

 

 

 

 

 

 

天才たちの日常 世界を動かすルーティーン ゴッホ

天才たちの日常 世界を動かすルーティーン ゴッホ

情熱の天才画家ゴッホ
絵が売れなくても毎日描いていた

生涯で売れた作品は一点だけ

 

天才たちの日常 世界を動かすルーティーン 前田利常

www.tv-tokyo.co.jp

天才たちの日常 世界を動かすルーティーン 前田利常

加賀藩第2代藩主 前田利常は「鼻毛を伸ばし続けた」
今回は、加賀藩第2代藩主・前田利常のルーティーンを紹介。
徳川家康は死の間際、枕元に利常を呼び
「その方をどうにか殺そうと考えていた。
 決して心変わりのないように」
と告げたという。

江戸時代、120万石の加賀藩は徳川家に次ぐ勢力を誇っており、
しかも利常は藩政改革を成功させたキレ者でもあった。
それ故、家康は謀反を恐れていたのだ。

そんな危機を回避し加賀藩を守り抜いた利常のルーティーンは「鼻毛を伸ばし続けた」。
思わぬ疑いや難儀を避けるため、利口さを隠したのだ。

 利口さを下手に鼻の先にあらわしてしまえば
 他人は警戒して
 思わぬ疑いや難儀を受けるとも限らない